緊張型頭痛+めまいの本当の原因から整える方法


ダウンロード

毎日のように頭痛がある‥


めまいがあると心配になる‥


こういったお悩みはありませんか?


今回の記事をご覧になることで、緊張型頭痛とめまいが解消する方法について知ることができます。


お悩みの方の参考になりましたら幸いです。

ダウンロード

皆さんこんにちは。


福岡市城南区別府で整体院を営んでいます 整体院Apár 院長の石田です。


このブログを書こうと思ったきっかけですが、患者様から「毎日の様に頭痛やめまいで辛いです‥」とお悩みの相談を受けたことがきっかけです。


詳しくお話を聞いてみると、「なかなか治らないので、半ば諦めているんです‥」と悩みを打ち明けていただきました。


このように症状が治らないと、もう付き合っていくしかないのかと思いますよね。


しかし、


少し待ってください。


もしかすると、今回の記事で解決の糸口が見つかるかもしれません。


原因から対策まで詳しく解説していきますので、一緒に解決していきましょう!


内容はこちら


①緊張型頭痛やめまいが起きるメカニズム


②たったこれだけ!?簡単にできる1つの対策


③姿勢を整えて原因から解決するセルフケア3選


それでは話を進めますね。

①緊張型頭痛やめまいが起きるメカニズム


ダウンロード

「毎日のように頭痛やめまいがある‥」


こういった症状が起きるメカニズムについて解説していきますね。


頭痛にもいくつか種類があります。


今回の緊張型頭痛は、首肩の筋肉の硬さから血流が悪くなることによって起きる頭痛のことです。


血液は酸素や栄養を運んでいるため、脳に対して十分に送られていないと、”酸欠状態”になってしまいます。


この時に、頭痛が起きると言われています。


しかし、これは結果的に起きるものであって、原因ではありません。


症状が引き起こされる原因は、姿勢にあることが多いです。


例えば、頭が前に傾くストレートネックになっていると、首肩の筋肉は常に引っ張られるため、踏ん張るために筋肉が硬くなります。

ダウンロード

また、体の平衡感覚を保つ神経は、頭の傾きが強くなることによって、体の位置を正常に判断できなくなります。


その結果、めまいが起きるということです。


例えば、スーパーでたくさんの商品を持ち続けると、どうなるかを想像してみてください。

ダウンロード

手は商品を持つための”筋肉”で、商品の重さは”筋肉の硬さ”を表しています。


商品を持つとき、最初はそこまで重く感じないもので、長時間同じ商品を持ち続けるとどうですか?


手はだんだんと疲れてきて、痛みを感じ始めますよね。



これが「緊張型頭痛」のメカニズムと同じです。


では、「めまい」につてはどうでしょうか?


これはスーパーで商品を長時間持ち続け、重さによりバランスを崩した瞬間に体がふらつくのと同じです。


つまり、体のバランスが一時的に乱れてしまった結果、めまいとして感じられます。


このように、頭痛やめまいを根本的に治すためには、原因となるストレートネックなでの姿勢から整えていく必要があります。


これらの対策は後ほど。

②たったこれだけ!?簡単にできる1つの対策


 「頭痛やめまいに対策なんてあるの?」 


そう思いますよね。簡単にできる事が1つあります。


それが、深呼吸です。

ダウンロード

先ほどは、ストレートネックになることによって酸素が十分に送れなくなる結果、頭痛やめまいが起きるという話をしました。


こちらの対策です。


ストレートネックになっているときには、同時に巻き肩になっていることがほとんどです。

ダウンロード

これは、背中の筋肉がしっかりと働いていなかったり、胸の前の筋肉に硬さがあるために起こるのですが、深呼吸をするときには背中の筋肉がしっかりと働きます。


さらに、酸素を十分に取り込むこむことによって、頭痛やめまいの対策にもなるんです。


ふと気がついた時でもいいので、ゆっくりと深呼吸を試してみてくださいね。散歩などの有酸素運動と合わせて行うとより効果的です。


続いては、セルフケアによって、根本改善であるストレートネック姿勢を整える方法をお伝えします。

③姿勢を整えて原因から解決するセルフケア3選


ダウンロード

セルフケアでは、姿勢を整えてストレートネックを解消するという目的に行います。


そうすると、頭痛やめまいの頻度を減らしていくことができます。


1つ目は胸骨という胸の前側にある骨の部分を緩めてみてください。

痛みがある方は優しく、握り拳を作ったり、三本指を立ててほぐしていただいても構いません。

軽く圧迫して、つーんと痛みが出る部分があるのでその部分を重点的に行なってみてください。

写真の周辺を上下、左右に30秒程度緩めてあげてください。

ダウンロード

この胸骨の裏には筋肉や靭帯があり、ここが硬くなることで、ストレートネックを助長してしまうため、緩めていきましょう。


2つ目は肩甲骨の体操です。

背中の筋肉が働いていない、

胸の筋肉が硬いと、姿勢に影響がでます。

そのため、意図的に背中の筋肉を動かしていきましょう。


体操はみんなが想像できる肩回しです。

肩に手を乗せて、肩甲骨から大きく回してください。

ダウンロード

30秒ほど行うことで、背中の筋肉が働き、胸の筋肉に柔軟性が出てきます。


最後はタオルを使います。


タオルを首の所にかけて、少し引っ張りながら、首を逸らしていきます。

ダウンロード

こちらを行うことで、首の正常な湾曲へ矯正していく事ができます。


これら3つを、

朝晩、1日2回ぜひ試してみてください!

まとめ


緊張型頭痛とめまいの原因について解説しました。


多くの原因にストレートネック姿勢が関係しているということでした。


こちらの対策とセルフケアについてお伝えしてまいりました。


体のゆがみが複雑でない場合は、今回の方法で症状が落ち着いて来ると思います。


しかし、なかなか改善が見られない場合は、当院の姿勢を調整する施術がお役に立てると思います。


お悩みの方は、当院LINEからご相談ください。



https://lin.ee/V0FBQUZ



当院ホームページはこちら→https://www.seitai-apar.net





監修:石田修平/理学療法士

お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~20:00
完全予約制になります

Access


​整体院Apár

住所

〒814-0104

福岡県福岡市城南区別府5丁目8-14

Google MAPで確認する
電話番号

070-1948-9008

070-1948-9008

営業時間

10:00~20:00

完全予約制になります

定休日 不定休
ご予約に基づいて十分な時間を確保し、一人ひとりの歪みの状態に合わせた丁寧な施術で痛みや不調の根本原因を改善できるようお手伝いいたします。別府駅や中村学園大学前バス停から徒歩でお越しになれる場所にあり、店舗前には駐車場も用意しています。